王道演歌でありながら純愛物語に感動♪「雪の交差点/山内惠介」

歌のおはなし

雪の交差点 / 山内惠介 cover by Shin

今回は山内惠介さんのアルバム収録曲「雪の交差点」に挑戦してみました♪
これから冬に向けてピッタリな曲ですよね😊

今回もカバーする為に調べたことなどをブログに書きまとめます。
よかったら最後までお付き合いください~

山内惠介さんのアルバム「Gift」


【メーカー特典あり】 Gift [CD] (メーカー特典 : ポストカード 付)

6曲入りのCDでアルバムながらカラオケも付いています♪
明るい曲や王道演歌とかジャンルも豊富でいい感じ✨

アルバム Gift 収録曲はこんな感じ♪

01.君の声を抱きしめる
作詩:もりちよこ 作曲:水森英夫 編曲:金子隆博

02.雨のち虹
作詩:森田いづみ 作曲 :水森英夫 編曲 :伊戸のりお

03.雪の交差点
作詩:鈴木紀代 作曲:水森英夫 編曲:伊戸 のりお

04.五月晴れ
作詩:松岡弘一 作曲:水森英夫 編曲 :杉山ユカリ

05.日本 ワッショイ
作詩:麻こよみ 作曲:水森英夫 編曲:伊戸 のりお

06.神様の贈り物
作詩:売野雅勇 作曲 :林田健司 編曲:金子 隆博


CDのご購入はこちらから


Amazonミュージックご存知ですか?

実は最近僕はCDではなくて、Amazonミュージックというものを利用しています♪
スマホやパソコンで演歌の新曲が聴けるようになりました!
さらにAmazon Music Unlimitedという楽曲数が多く聞けるサービスなので月額780円で何曲でも聞き放題なので、CDを毎回買うことを思えば安いかなって思って利用しています。
演歌だけじゃなくていろんな曲が聞けるのもいいですよ😆

こんな感じで再生できます♪
音質もいいので重宝しています👍
いろんなことがほんと便利になりますよね~!

王道演歌「雪の交差点」

このアルバムの中で歌ってみたいって思ったのは「雪の交差点」でした😉
やっぱり僕は演歌が好きだなぁ~♪

作詞は鈴木紀代先生、作曲は水森英夫先生です。
別れた女性と偶然の再会の物語です。

メロディーは王道演歌なのですが、詞の情景は純愛のような爽やかさを感じました。
※ここのところ不倫がテーマの演歌ばかりなのでこういうの求めてました!笑

詞の内容をじっくり読んでみます♪

気になる歌詞の部分を抜き出して考察してみます。

別れたあの女(ひと) あの背中
夢でも見てるか この目の前に

雪が舞う交差点で見かけた背中。
僕のイメージでは札幌駅前の交差点。

たくさんの人が行き交う中でも背中を見るだけで「あの女(ひと)だ」とすぐに気づく主人公。
ずっと後悔の中にいたのでしょうね…ずっと逢いたいと思っていた。

1番は彼女を見かけただけのシーンなのです。
なのに、いっぱい情景や感情が浮かぶ歌詞
これが作詞家の仕事なのですね~
すごいなぁ✨

若さのおろかさ 腑甲斐(ふがい)なさ
時計を戻して 許して欲しい

2番の歌詞より


好きなのに別れた理由はなんだったのだろう。
そして、別れてから何年が経ったのでしょう。

彼女に許しを請う、そして雪が舞う交差点で彼女を抱きしめる…
男性のコートに隠れてしまいそうな小柄な女性をイメージしています。
※すみません、妄想です!笑

一人にしないよ もう二度と
喜ぶあなたの こぼれる笑顔

3番の歌詞より

女性も彼のことを怨まず待っていた…
笑顔で彼を許して受け入れる。

彼女のことを「あなた」というところに彼の人柄がみえませんか?
「おまえ」という人との違いがあると思います。
心が優しい主人公なんだろうなぁって想像しました。

でもほんと出逢えてよかった!
ハッピーエンドですね~💕

Shinの妄想コーナー

当時、彼はネジ工場に勤めていた。21歳。
世話になっていた先輩の保証人になってしまいギャンブルの借金の肩代わりをさせられることに…
借金の取り立てが厳しく、家族にまで迷惑をかけてしまう。
このままでは彼女にも迷惑がかかる…

そっと彼は街を出る。彼女には告げずに。
でもいつか帰ると彼は決意する。

慣れない都会で借金を返す為になんでもやった。
肉体労働も夜中の仕事も。
盛岡の街は誘惑が多かったが、遊びたい気持ちをぐっと我慢した。

あれから8年経った。札幌の街に帰ってきた。
借金を返すことが出来たが、まだ心の棘が取れないまま。

彼女が住んでいたアパートに行く。
隣の住人にも聞くと、数年前に出て行ったと。
電話に出ないはずだ。

まだ彼女は街のどこかに住んでいるかもしれない…
来る日も、来る日も彼は彼女を探し続ける。
「ごめん」という後悔の気持ちを抱えながら。


また2年が経った。
雪が舞う寒い冬がやってきた…

彼は立派に仕事を持ちスーツに長いコートを着ている。
愚かな昔の自分のままではなかった。
だが心に穴が開いたまま…

ある日のこと。
とても寒くて粉のような雪が舞っていた。
札幌駅前は相変わらずたくさんの人で溢れている。
取引先から事務所に戻るところだった。
何気ない日常の風景だ。

ふと、目に留まった信号待ちの女性の姿。
ショルダーバッグに見覚えのある小さなクマのキーホルダー。
小さな肩、細い腕。

後ろ姿だけど、すぐにわかった!

涙が溢れる…
彼女に間違いない。

やっと出会えた。
雪の交差点で…

ごめん。
もう離さないよ…!


こんな妄想です!
いかがでしょうか?笑

彼女も彼をずっと待っていたと思います。
他の人を好きにならずに彼だけのことを想って。
きっとね、彼女は彼の事情が分かってたのだと思います。
心優しい彼だから恨んだりしないで。
心から彼を信じていたのだと。

携帯電話とかSNSがある時代じゃない設定だと思うので、すぐに二人が再会できないのがもどかしいですね~
今の時代ならすぐに会えそうなものですもんね😁

そんな中、奇跡的に出逢ったふたり。
もう二度と離さないと誓う純愛物語。

“人生"の交差点。
そしてふたりは"雪"から"春"になるのですね~!

なんだか素敵だなぁ~♪
妄想が広がる作品です👍

まとめ

今回は久しぶりに妄想を書きました♪
頭の中でいろいろとイメージは湧くのですが文字にするのって本当に大変!

今回の妄想だって本当はもっと細かくイメージはあるんですけどうまく書けなくて。
でも皆さんもきっと妄想を膨らませているはずなので事細かく書くのも野暮ですよね😉

山内惠介さんはさすがだなぁ~
歌声に味がありますし、男性の男らしさがしっかり伝わりますよね。
節回しもすごい!複雑だけどちゃんと心に届く。
素晴らしいですね!

でも僕はそんな風に歌えなかったので、自分なりにイメージを膨らませながら
爽やかに温かい気持ちで歌ってみたいなぁって思いました♪
心優しくてちょっと頼りない彼のイメージで。

歌えているかどうかは別ですよ!🤣
チャレンジすることに意味がある!


もう少しでクリスマスディナーショーです。
森町の方々やホテルの方々が一生懸命になって準備を進めてくださっています。

ニュースなどを見ていると不安になったりしますが、皆さんが感染予防について真剣に考えて準備を整えてくださっていますので、それを信じて僕は精一杯心を込めた歌をお届けしたいと思います!
って文章を書きながらもう心はドキドキ!笑

遠方からお越しの方もいらっしゃいますので、満足いただけるショーにできるよう頑張ります♪
どうか無事成功するように祈っていてくださいね😊

いつも温かい応援、本当にありがとうございます!

雪の交差点 / 山内惠介 cover by Shin

2020年12月13日歌のおはなし山内惠介,演歌,演歌男子Shin,雪の交差点

Posted by Shin