爽やかな歌声と裏酒場のギャップが魅力的!「夢情の酒/二見颯一」

歌のおはなし

夢情の酒 / 二見颯一 cover by Shin

新人歌手オーディショングランプリの歌声!

今回は二見颯一ふたみそういちさんの新曲に挑戦してみました♪
すっごく爽やかな歌声が魅力的です😊

それもそのはず!
日本クラウンの新人歌手オーディションでグランプリを受賞された実力者なんです✨

その根底にあるのは民謡で鍛えた歌声。
全国大会で優勝されているそうです。

プロフィールを調べましたのでご紹介しますね♪

二見颯一ふたみそういちさんのプロフィール

二見颯一ふたみそういち
本名:二見颯
出身地:宮崎県 国富町
生年月日:1998年(平成10)10月26日
身長:176cm 体重:58kg

・5歳から民謡を習い始める。
・2012年(中学1年生)民謡民舞少年少女全国大会中学生の部で優勝
・2015年(高校2年生)正調刈干切唄全国大会男性の部で優勝
・2017年「日本クラウン演歌・歌謡曲新人歌手オーディション」においてグランプリを受賞


Twitter
YouTube

「やまびこボイス」がキャッチコピー✨
爽やかなイケメン若手歌手の二見颯一さん♪

現在23才かな?
そしてもうすぐ誕生日なんですね~

僕と同じ10月生まれなので勝手に親近感!笑
(年齢は大違いですけどね🤣)

刈干切唄 (かりぼしきりうた) 「宮崎県民謡」

刈干切唄かりぼしきりうたは宮崎県の民謡なんですね。
初めて聞きました。

二見さんは高校2年生で優勝されたのだとか。
こんな難しそうな歌を!すごいですよね~

ミュージックビデオはこちら

二見颯一「夢情の酒」MUSIC VIDEO

制作人はこちら

「夢情の酒」
作詞:森坂とも(左) 
作曲:水森英夫(中央)  
編曲:石倉重信(右)

「夢情の酒」詞の世界は?

正統派演歌という感じのこの作品!
演歌にぴったりの酒場ですね~♪

でも二見さんの歌声はとっても爽やかなんです!
そのギャップがとっても好感あっていい感じ😊
ワルツのリズムも心地いいですよね!

忘れた昔に 灯りを入れて
ひとり呑んでる 駅裏酒場

過去の思い出に浸りながらひとりで酒を飲んでいる主人公。
出だしの歌詞がまたいいですよね~

ただ思い出すって言わずに「灯りを入れて」です。
冷めていた心に小さな火が灯る感じが歌詞から伝わります♪

出だしの歌詞からすっごく哀愁を感じます!

憂さを注ぎたす 俺の手を
止めたあの指 あの涙

この歌詞は過去の思い出のシーンですよね。
やけ酒を飲んでいた主人公の身を案じて「やめて」という彼女…

優しい彼女の涙を思い返しながら、どうして別れてしまったのかと後悔しているようですね。
そんな思い出が何度も脳裏にチラついてしまう。

のれんに舞い込む 巷の風が
今もあいつは ひとりと告げる
よせよこの胸 なぜ揺らす
あわす顔など ない俺さ

3番の歌詞より

ここの歌詞がまたいじらしい…
そんなに彼女のことが好きなら会いに行けばいいのに。

彼女の噂が届くってことは彼女は近くに住んでいるはずですもんね!
自分勝手に別れた手前、会いに行くことをためらっているんでしょうけど…

それにしても「あわす顔」がない程の別れ方だなんて、どんなひどいことをしたんでしょうね。
ほんと悪い男です!😡!

会いたいけど会えない、こんなに好きなのに…
なんだか韓国ドラマを見ているような気持ちになりましたよ!笑

でもこの物語はそんなに重い内容のお話じゃないですね。
大小関わらず誰にでもあるような過去の恋物語

歌詞に出てくる「しぐれる」「涙を落とす」という意味です。

寂しくお酒をひとりで飲みながら思い出に浸っている。
そんな感じなんでしょうね~

Shinが歌った感想は?

二見颯一さんの歌声が爽やかだから純愛の物語なのかな?って思っていたんです。

だけど、歌詞を良く読んで理解しました!
自分勝手に彼女と別れたくせに未練たっぷりな物語でした!笑

主人公は不器用で、自分勝手で。
無くしてから彼女の優しさに気づいてしまう…

ある意味、人間らしいですよね。
だけど、二見颯一さんが歌うと全く嫌味がない

物語と相反あいはんしているようですけど、これはこれでとっても魅力的。
彼らしさというか、二見さんの人柄が現れているように感じます。

なので、全く悪気がないけどひどい男って感じ!笑
そういう男性が好きになっちゃう女性も世の中にいそうですよね😂
(二見さんがそういう人ってことじゃないですよ!物語の中での話です)

あと、二見さんが歌うと主人公の年齢は20代を想像します。
それはきっと等身大で歌っているからですよね!
だからこそ心地よく聞くことができますし、彼の人柄と個性を感じますよね!

それをヒントに僕も等身大で歌うことを心がけました。
なので主人公のイメージは42才

二見さんの歌う主人公より、少しいろんな経験をした男性を思い浮かべて歌いました。
違いを感じていただければ嬉しいなぁ~♪

そんな感じで、哀愁の物語ですが、楽しく歌わせていただきましたよ~!
聞いていただけると嬉しいです✨

お知らせ&嬉しかったこと!

以前から好きでカバーさせていただいている走裕介さん。
なんと10/28に函館にお越しになるそうで、会いに行けることになりました♪
対面の様子とか動画撮影できたらいいなと思っていますのでお楽しみに!

あと、10/23には東京のFMラジオ局で「函館ものがたり」を流していただけることになりました!
冬弓ちひろ先生がご紹介をしてくださるそうです。

Twitterで報告したところ皆さんからの反応も嬉しかったです♪
これからも楽しいこと、ワクワクすることがいっぱい起こればいいなぁ✨

今後の活動もどうかお楽しみに!
いつも本当にありがとうございます💕

夢情の酒 / 二見颯一 cover by Shin

「夢情の酒」CDの購入はこちらから