名曲「めぐり逢い紡いで/大塚博堂」を歌ってみました♪

歌のおはなし

大塚博堂さんの名曲を歌ってみました♪
今回もカバーする前にいろいろ調べたことを書きまとめます😊
よかったら最後までお付き合いください!

めぐり逢い紡いで / 大塚博堂 cover by Shin

大塚博堂おおつかはくどうさんについて

大塚博堂さんプロフィール

大塚 博堂(おおつか はくどう、本名の読み:おおつか ひろたか、1944年3月22日 – 1981年5月18日)は、ニューミュージックのシンガーソングライター。大分県別府市出身。東洋音楽大学(現:東京音楽大学)声楽科中退。活動時の所属事務所は渡辺プロダクション。

1972年(昭和47年)に「大塚たけし」名義で歌手デビューするものの、不発
その後クラブでの弾き語りの活動などが評判になり、1976年(昭和51年)6月26日、『ダスティン・ホフマンになれなかったよ』で32歳での再デビュー。これが評価され、遅咲きながらも『めぐり逢い紡いで』、『過ぎ去りし想い出は』や『季節の中に埋もれて』などの曲で活発な音楽活動を行ったが、1981年(昭和56年)5月18日に脳内出血のため37歳で急逝した。5年間の活動に凝縮された彼の曲は、レコード化されたものが約80曲、没後に発表されたものを含めて約90曲ある。
その他、小野寺昭、岩城滉一、ペギー葉山など他歌手に提供した歌が40曲ほどある。(Wikipediaより)

32才で再デビュー。
「めぐり逢い紡いで」の発売が1978年。
なのにその3年後にお亡くなりになられただなんて…

なんて悲しい運命。
こんなことってありますか…😢

名曲「めぐり逢い紡いで」について

めぐり逢い紡いで

「めぐり逢い紡いで」(めぐりあいつむいで)は、大塚博堂の曲である。作詞はるい(小坂洋二)、作曲は大塚による。1978年2月5日発売の3枚目のアルバム『もう少しの居眠りを』に収録され、同年7月5日にシングルカットされた。
布施明との競作であり、布施によるシングルは1978年9月5日にリリースされ、同年12月5日には同曲を表題作とするアルバム『めぐり逢い紡いで』もリリースされた。布施は同年の『第29回NHK紅白歌合戦』で同曲を歌った。(Wikipediaより)

最初はアルバム曲。
その後、シングルカットされたとのこと。

40年以上も前の歌なのですね。
僕が生まれる前の曲…😮

今でもずっと色褪せない名曲ですね♪
皆さんも懐かしいと感じる方が多いのでは?

作詩のるいさんって?

この「めぐり逢い紡いで」は、作曲が大塚博堂さんで、作詩がるいさんとなっています。

小坂 洋二(こさか ようじ、1948年10月19日 – ) は、日本の音楽プロデューサー。兵庫県神戸市出身。
渡辺プロダクション時代は、布施明・大塚博堂のマネジャーを務め、大塚作品の歌詞を「るい」名義で数多く手掛けた。

Wikipediaより

るいさんは大塚博堂さんのマネージャーさんだったのですね!
当時は渡辺プロダクションの社員さんだったとのこと。

マネージャーであり、作詞家。
大塚博堂さんはスタッフにも恵まれたのですね。

布施明さんとの競作

僕はこの曲、布施明さんの歌だと思っていました。
同じように思う人がいらっしゃるかな?

布施さんの印象が強いのかもしれませんね~
とっても魅力的に歌われるのです!
YouTubeにも動画がいくつかありましたよ♪

大塚博堂さんはお亡くなりになられましたが、布施明さんやたくさんの方々が作品を歌い継ぐことによって、記憶に残っていくのでしょうね。

僕も、大好きな曲のひとつとしてこれからも歌っていきたいと思いました😊

「めぐり逢い紡いで」ってどんな物語?

もちろん有名な曲なので聞いたことがありましたが、歌うのは今回が初めて
自分なりに歌詞を解釈しながら物語を想像してみました♪

胸のボタンひとつはずして
あなた好みに変わってゆく

普段は胸元のボタンをはずしたりなんてしない女性なのですよね。
彼の好みの女性になりたいと思っている。

そんな恋がうまくいくはずもないのに…
だけど、少しでも彼の心を引き止めたくて自分を偽ってしまう。

はじめてつけたマニキュアが
もろい かける 割れる はがれる

この歌詞がとても惹きつけられる…
いろんな意味が含まれていますよね。

慣れないマニキュアがうまく塗れなかっただけじゃなく、彼女の心境も表しているのですよね。

無理してつくろった自分が彼にバレてしまう
更にその二人の関係が終わってしまいそうな不安

とっても繊細な彼女の心の表情が思い浮かびますね。

めぐり逢い紡いで
愛の色に織りあげた

この曲のサビでもあり、タイトルの歌詞。

めぐり逢いを紡ぐ?

これってどういう意味だろう。
紡ぐの意味はこちら↓

これまで出逢った人たちとのめぐり逢いを繰り返して運命の人に出逢えた(愛の色に織り上げた)ってことかな?僕はそんな理解になりました。

運命の人への溢れる愛偽りの自分

これがこの歌のテーマだと思いました。
彼に嫌われたくないという不安な彼女の表情が脳裏に浮かびます。

まとめ

もうね、ほんと難しい歌でした…
何度歌いなおしても納得がいかなくて😣

なんでこの曲を選んだのか。。。
自分が憎い…笑😂

でも、難しい曲ほど燃えるものです♪
一生懸命に歌いましたので温かい目で聞いていただけると嬉しいなぁ~

すごくせつなくて、情熱的で。
彼に好かれたくて自分を偽るんだけど、思いは真っすぐで。

複雑な主人公の気持ちがいっぱい詰まった名曲だと思いました。
泣けちゃいますよね~

カラオケの音源は大塚博堂さんのアレンジなのですが、僕が何度も聞いたのは布施明さんの歌声。
どちらも全く違った雰囲気でとっても素敵なのでよかったらYouTubeなどで聞き比べてみてくださいね♪

上記にYouTubeのリンクを2貼りましたが、公式ではないので動画が削除されてしまうかも。
どうかご了承ください。

難しい曲ですが、とっても気に入った曲になりましたので今後も歌っていきたいと思いました。
大塚博堂さんを偲んで…

いつも僕の動画を見てくださってありがとうございます!
季節の変わり目ですので、皆さんもお身体お気をつけてくださいね~♪

CDの購入はこちらから