お酒で未練と寂しさを紛らわすせつない物語「秋の夜長の数え唄/小田純平」

歌のおはなし

秋の夜長の数え唄 / 小田純平 Cover by Shin
秋の夜長の数え唄
小田純平/もう一つのルーツ

小田純平さんのNEWアルバム収録曲!

今回は9月9日に発売された小田純平さんの「もう一つのルーツ」に収録されている楽曲に挑戦しました♪
僕は有料のAmazonミュージックでアルバム全曲を聞いているんですけど、全12曲入りでとっても聞きごたえがあっていいです😊

アルバムのタイトル「もう一つのルーツ」の意味は、小田純平さんの楽曲が大衆演劇でとっても人気でよく舞踊など使われ流れるのだとか。アルバムに含まれる楽曲は大衆演劇で特に人気の楽曲を集めたとのことです。

再録音された「ほかされて」とか「恋月夜」も聞きほれるし、「恋うつつ」もすっごくいい♪
男の色気と言うか、厚みのような魅力を感じるアルバムです。

その中で、気に入ったのが今回挑戦した楽曲!
「秋の夜長の数え唄」です✨

函館も秋の気配です。
これからの季節にピッタリかなって思いました♪

「秋の夜長の数え唄」
作詞 みやび恵
作曲 小田純平
編曲 矢田部正

みやび恵先生のお写真を探したのですが、ネットでは見つけられず
これまでに作詞された楽曲を調べましたら数多くの作品がありました。

小田純平さんのTwitterで発見!

たぶん、このツイートがNEWアルバムのレコーディングの日だったんじゃないかなぁ?と勝手に推測。
編曲の矢田部さんと写っておられます~🤔

“秋の夜長"とは?

皆さんもきっと聞き馴染みのある言葉ですよね!
ですが改めて調べてみました♪

<秋の夜長とは>
季節が秋になるにしたがって、夜の時間が日に日に長くなっていくことを表した言葉です。

<いつからいつまで?>
昼と夜の時間が同じとなる「秋分の日」(9月23日ごろ)から、冬の始まりとされる「立冬」(11月7日ごろ)までを指すことが多いようです。

ちょうど、秋分の日🍁
やっぱり歌うなら今の季節にピッタリですね!

“数え唄"って?

数え唄っていうと僕は「大ちゃん数え唄」が浮かびました!笑
皆さんご存知ですか??

数え唄って歌詞の各行に数字が入るんですよね。
そういえば、数え唄といえば以前こんな曲を歌ったのを思い出しました!

↓こちらです↓

みんなの防犯音頭 / 成瀬みのり&兵庫ケンイチ (歌詞付き)

すっごい懐かしいなぁ!
歌手になる前に東京で会社員をしてた頃ですね~

2009年ですって!12年前か😯

作曲家の里村龍一先生に手伝ってくれないか?とお声がけいただき歌わせていただきました。
東大和警察署で作ったのですけど、このCDどこいったかな?笑

防犯音頭って名前ですけど、この曲も数え唄ですよね!
出だしにひとつ、ふたつ、みっつ~って歌うのが定番ですよね♪
※余談ですみません!笑

「秋の夜長の数え唄」ってどんな曲?

数え唄の特徴として
とつ"ときたら"と目"でと頭文字を合わせるのが定番!
たつ"ときたら"振()られて"です。

ということで、注目しながら歌詞をご覧ください~♪

ひとつ ひと目で 惚れたのに
ふたつ 振られて 迷い道
みっつ 未練に 目覚める鬼が
あなた 恋しと ぐずる夜は
よっつ 酔わせて 寝かせましょうか

主人公の女性が、秋の夜長にひとり。
二人の出逢いから順に思い返しているのですね~

彼に一目惚れして、恋人になり。
その後、フラれてしまう…
夜になると彼を思い出し未練が募る
それをお酒で紛らわす。

ひとりの夜はいろんなことを考えてしまいますよね…
特にネガティブなこと考えてしまいがちです。

いつつ いつまで 待ったって
むっつ 無駄だと 知りながら
ななつ 並べた 思い出まくら
抱いて さすって 泣くよりも
やっつ やっぱり ほかしましょうか

“思い出まくら"ってなんでしょうか?
僕は布団の中で思い出を振り返ることかなって思いました。
もしくはまくらを共にした思い出を振り返ることかな。

未練を断ち切りたい主人公の気持ちが歌詞にあります。
忘れたいと思っているけど、忘れられない葛藤する心が浮かびますね…

九つ十で 夢ん中
明日 天気に しておくれ

夜な夜な彼のことを思い返す日々。
そして眠りにつく主人公…

羊を数えて眠る、そんな感じなのかな。
(ちなみに羊を数えて眠れたことはありません!笑)

主人公の年齢はいくつなんでしょうね?
僕の想像だとある程度経験を積んだ年齢だと思うんですよね。37才くらいかな。
ちなみに女性の37才は厄年だしね!😅

彼とはいつ別れたのか?
たぶん結構引きずってると思うので最近別れたんじゃないと思う。
別れてから3年くらい経ってるはず。

もうそろそろ忘れたい、吹っ切りたいと思っている感情があるはず。

でも、忘れられないんですよね~
よっぽど素敵な男性だったんだろうな…

どうか幸せになれますように~🙏

Shinが歌った感想は?

別れた彼を想う悲しい歌ですが、編曲がとってもリズミカルなのでそんなに悲しく歌う必要はなさそうって思いました。

最後の歌詞にあるように希望を願う物語ですもんね!

僕はリズム感が無いから苦労しました…
小田純平さんの歌を細かく聞くとすごく小粋に歌われているのがよくわかります。

僕もオシャレに歌いたい~😆
あと、コーラスも頑張りました♪

歌ってて楽しい曲なのでぜひ皆さんもチャレンジしてみてくださいね~!

秋の夜長の数え唄 / 小田純平 cover by Shin

おかげ様でチャンネル登録者6万4千人突破!

温かい応援をいつも本当にありがとうございます!
生配信の日程を決めたらまたご連絡しますね♪

CDの購入はこちら

2021年9月24日歌のおはなしYouTube,小田純平,歌ってみた,歌謡曲,演歌,演歌男子Shin

Posted by Shin