山内惠介さんの「残照」を歌ってみた♪

歌のおはなし

辛くて心が締め付けられる「残照」

残照 / 山内惠介 cover by Shin

今回は山内惠介さんの新曲に挑戦してみました♪
いつも歌う前に詩の内容を考察してるのですが、深く読んでみると、この「残照」は"死別"をテーマにしているのです。グサリと突き刺さる内容で、表現するのが難しかった!

歌詞についての考察

どんな夢にも 涯(はて)がある
ならば二人で 行くもいい

涯(はて) という言葉。生涯という意味ですよね…
二人で一緒に死にたいと。
きっと「行く」は"逝く"と言う意味も重ねられているのでしょうね…

なのにどうして すだれ雨
ふいに二人を引き裂いた

“すだれ雨"って言葉を調べてみたんですけど、意味は出てきませんでした。
「雨すだれ」という言葉はあるそうです。
そのあとの詩にかけて、すだれが日差しを遮るように、雨が二人を遮るように降っている状況を思い浮かべました。"ふいに"とありますので、突然の死別であったのではないでしょうか…

行くな 行くな 行かないで

最愛の人に残されてしまった悲しい思いが溢れていますね…
なんて悲しい心の叫びです。いや、実際に声に出して叫んだのでしょう。

決してひとりに しないよと
固く結んだ 指と指
あの日 誓ったはずなのに

※2番の歌詞より

この2番の歌詞、二人は夫婦であったことがわかりますね。
妻に先に絶たれることがどんなにつらいことか。

抱いた からだ 儚くて

※2番の歌詞より

ここ!特に強く悲しみを感じた場所です。
もしかして、妻が急死したその瞬間、
主人公はその場にいて、その身体を抱えたのか!…と想像しました。
力なく"くたり"とした妻の身体を「儚い」と言ったのか。
こんな悲しいことありますか!

思い一途に 辿るほど
人は戻れる場所がない

※3番の歌詞より

亡くなった妻との思い出を辿る。
旅行に行った時のアルバムをめくってみたり、妻が大切にしていた鞄や洋服を眺めたり。
たわいのないことで喧嘩した記憶。鮮明に思い出せるのにその想いは行くあて(場所)がなく彷徨うだけ。
とてもその景色が浮かびます…悲しい。

こんな 別れ 許せない

※3番の歌詞より

死ぬ時は一緒だと思っていたのに、許せない!
残された私はどうすれば…という思いが伝わります。

いのちが涸れても 心を灯して

「心を灯して」という言葉が救われますね…
辛い別れだけど、この先も生きていかなければいけない。
“ほのか"な希望や、ほんの少しの前向きな気持ちが表れています。

詩についてのまとめ

死の別れは一方的でとても悲しいけれど、思い出が残された人の心を灯している。
松井五郎先生の思いが込められていますね。
きっと、世間のニュースで報道されている、災害や天災、人災などに巻き込まれた方々への共感や、メッセージがあるのだと思いました。
「前を向いて」なんて簡単な言葉では表せられません。
辛い思いはずっと続きます。
でも思い出を胸に生きていなかければ。
そんな思いが込められたこの作品。
本当に素晴らしいのでぜひ、山内惠介さんの歌声を聞いてみてください。

残照(唄盤 CD+DVD) [ 山内惠介 ]

そしてついでにShinの歌も聞いてみてください😊

残照 / 山内惠介 cover by Shin

文章中には、思い違いや間違いなどが多数あるかと思いますが、
個人的な解釈Shinの勝手な妄想ですのでどうかご了承ください。